• ホーム
  • スキンケアの基本はクレンジングから!正しいクレンジング方法とは?

スキンケアの基本はクレンジングから!正しいクレンジング方法とは?

化粧品の主な成分は油性であり、普通に洗顔をしただけでは落とすことはできません。クレンジング材には界面活性剤という成分が含まれており、その成分があってメイクを落とすことができます。メイクを落とさないとメイク以外にも皮脂や汗、大気汚染などが顔に付着したままの状態になり、肌荒れを起こす原因へと繋がります。そのため、毎日の終わりにはクレンジングでしっかりと顔に付着した不要物を落としてからスキンケアをしてください。

オイルタイプは濃いアイメイクや、落ちにくいリップも簡単に落とせる効果がありますが肌が乾燥しやすくなるというデメリットもあります。乾いた手に適量取りましたら、顔全体に優しく伸ばして水を顔になじませてオイルを乳化させましょう。最後にぬるま湯で洗い流すのが基本の落とし方です。ミルクタイプは水分が多く含まれており、濃いメイクには向いていません。そのため、濃いメイクをしている箇所はあらかじめポイントリムーバーで落としてから使用してください。

水タイプのクレンジングローションは、コットンに浸してから拭き取るタイプになります。まつ毛エクステをしている人は、オイルフリータイプを使うと良いでしょう。汚れたらコットンを都度変えて、ゴシゴシと擦らないようにするのがポイントです。ジェルタイプは肌への摩擦を抑えるクッションのような役割があるクレンジング材です。適量手に取り、優しくマッサージをするようにジェルを顔に馴染ませて乳化したら洗い流すと良いでしょう。

クレンジングは行う前にしっかりと手を洗うことが大切です。雑菌が手に付着したままですと、ニキビなどの肌トラブルを起こす可能性がありますので注意が必要です。目元や口元のポイントメイクは先に専用のリムーバーを使って落としてから使用してください。また、濡れた手で使用できるクレンジングもありますが、基本は乾いた手で行うようにしてください。皮膚が薄い目や口回りは一番力が弱い薬指を使うと良いでしょう。

クレンジングをすすぐときに熱いお湯ですと、お肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。かえって乾燥を招く恐れがありますので、30~32度程度のぬるま湯で洗顔をしましょう。そうすることで、汚れをきちんと落とすことができますし、そのあとのスキンケアの浸透力アップ効果が期待できます。クレンジングは正しく行わないと、肌荒れやそのあとのスキンケアに影響する恐れがありますので気を付けましょう。