• ホーム
  • アーユルヴェーダから学ぶ食事法|6つの味の特徴と取り入れ方

アーユルヴェーダから学ぶ食事法|6つの味の特徴と取り入れ方

女性の顔をマッサージする様子

アーユルヴェーダの食事法で基本となるのは、6つの味であると考えられています。味覚は空・風・火・水・地の5つのエレメンツが組み合わされてでき、それぞれの味覚はドーシャとつながっています。1回の食事で6つの味を食べることを勧めており、バランスのとれた食事とはこれらすべての味が含まれているという思想です。

甘味は地と水の組み合わせで、ヴァータとピッタを安定させます。疲れているときは身体にエネルギーを与え、満足感も与えてくれる味です。主な食材にははちみつや米・パンなどが挙げられますが、逆に摂り過ぎてしまいますと眠気や肥満などを招く恐れがあります。カパ体質の人が甘味を摂り過ぎてしまいますと、体重を増やす可能性がありますので気を付けましょう。

酸味は地と火の組み合わせです。ヴァータを減らしピッタ・カパを増やします。主な食材はレモンやチーズ・ヨーグルトなどが挙げられます。酸味は摂り過ぎると動揺や拒絶、興奮などの感情があらわれる恐れがあります。ピッタ・カパ体質の人は酸味の食べ物を控えめにすると良いでしょう。

塩味は火と水の組み合わせで、ヴァータを下げてピッタ・カパを上げます。主な食材は海藻や味噌が挙げられますが、摂り過ぎてしまいますと身体の火照りを起こしやすくなります。信用や確信などの感情をもたらして、モチベーションを高める効果が期待できます。

辛味は火と風の組み合わせで、ヴァータ・ピッタを下げてカファを増やします。身体を温めて発汗作用や消火力アップに効果的だと言われています。主な食材は唐辛子やニンニク、ショウガなどが挙げられます。摂り過ぎてしまいますとのどの渇きやめまいなどの症状のほか、短期になりやすくなります。

苦味は風と空の組み合わせで、ヴァータを増やしピッタ・カパを減らします。冷却作用があり、夏場や疲れ気味の人におすすめです。主な食材はゴーヤやターメリックなどが挙げられます。摂り過ぎてしまいますと、食欲低下や皮膚の乾燥などの症状が現れます。

渋味は風と地の組み合わせで、ヴァータを上げてピッタ・カパを下げます。チャクラを安定させる効果があり、主な食材は豆類やじゃがいもなどが挙げられます。一方で身体を冷やす効果がありますので、ヴァータ体質の人は取り過ぎに注意したほうが良いでしょう。

アーユルヴェーダの食事法は、意外と全部摂取するのは大変だと思われがちですが、普段食べている食材に意識を向ければだれでも簡単に摂取することができます。食材の組み合わせを意識して、是非試してみて下さい。